マカの口コミとランキング
精力にも妊活にも!

マカに含まれるビタミンとは?

活力増強や更年期障害の軽減、不妊症改善に有効とされるマカには、たくさんの成分が含まれています。
アミノ酸としては、アルギニンやバリン、ロイシン、アスパラギン酸など。
ミネラルとしては、亜鉛や鉄、カルシウム、カリウムなど。
機能性成分としては、アルカロイドやデキストリン、サポニン、アントシアニンなど。

その他に注目すべき成分としてビタミンが挙げられます。
マカに含まれるビタミンは多岐にわたっており、それぞれから様々な効果を得ることができます。
アスコルビン酸とも呼ばれる水溶性のビタミンである「ビタミンC」は、抗酸化作用に優れており、身体の酸化を防止して若さを保つ役割があります。
トコフェロールという化学名を持つ脂溶性のビタミンの「ビタミンE」にも抗酸化作用があり、他の抗酸化栄養素と一緒に摂取することで効果が更にアップしたり、効果の持続時間が長くなるといったメリットがあります。

チアミンとも呼ばれるビタミンB1は、神経機能を正常に保つ効果があり、食欲をコントロールして胃酸の分泌を高め、消化吸収も助けてくれます。
糖質に偏った食事や頻回多量の飲酒によって不足しやすくなる成分でもあります。

「ビタミンB2」はリボフラミンとも呼ばれ、細胞の成長に欠かせない「発育のビタミン」として知られています。
不足すると髪や皮膚、粘膜などのトラブルの原因となり、口内炎などの原因にもなります。
ピリドキシンとも呼ばれる「ビタミンB6」は多くの酵素の補酵素としての役割があり、特に脳や肝臓、筋肉に多く蓄えられる成分です。

ホルモンの調節因子や免疫機能を正常に保つ働きがあり、不足すると代謝異常を引き起こして神経障害や不眠の原因となります。
そしてコバラミンとも呼ばれる「ビタミンB12」は、葉酸と結びつくことでたくさんの働きをします。

悪性貧血を予防したり、体内でのエネルギー生成を促したり、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などのリスクを低減させるなどの効果があります。
このように、マカに含まれているビタミン類は様々な重要な役割を果たしているのです。

トップに戻る